任意整理の将来利息とは?

毎月の借金返済が滞納してしまった場合、「任意整理」を行うことで借金の減額につながり、負担が軽減されます。

そんな任意整理には「将来利息」と呼ばれるものがあり、弁護士などの法律の専門家に依頼すると将来利息もカットできると言われています。

この将来利息とは具体的にどのようなもので、実際にカットするための条件はあるのでしょうか?

今回は任意整理の将来利息について、詳しく解説します。

将来利息とは?

そもそも任意整理は弁護士や司法書士などが債権者と交渉し、返済する人の負担を少しでも楽にするための手続きになります。

残っている元金に対して将来発生する利息

自己破産や個人再生よりも手続きが簡単なので、自己破産などよりも前に行われることが多いです。

任意整理によってブラックリスト入りしてしまい、5年間は新たに借入ができなくなるものの、返済する人にとっては嬉しい方法と言えます。

「将来利息」は、将来残っている元金に対して発生する利息を指します。基本的に借金を返済する時は利息も付けて返済しなくてはなりません。

しかし、任意整理では債権者と交渉を進めることで将来利息をカットし、今後発生する利息をなくしてもらえるのです。

貸金業者にとってもメリットがある

利息は元々貸金業者の売上になるお金となります。将来利息が任意整理によってカットされてしまうと、その分貸金業者の売上は下がってしまうのですが、なぜ貸金業者は将来利息カットに応じてくれるのでしょうか?

実は、貸金業者にとって最も大きなリスクは貸したお金が戻ってこなくなることです。例えば相手が自己破産した場合、貸金業者にはお金が一切戻ってきません。

個人再生手続きでも約8割が回収できなくなってしまい、ほとんどのお金は戻ってこないという状況に陥ります。

お金が一切戻ってこなくなるよりも、将来利息分だけをカットして元金だけでも戻ってくれば会社にとっての損失は抑えられるため、債権者側も将来利息のカットに応じてくれるのです。

将来利息は任意整理で絶対にカットできる?

任意整理で弁護士に相談した場合、ほとんどのケースでは将来利息をカットしてもらえるように交渉していきます。

そのため、返済する人の中には「将来利息は支払わなくてもいい」と思ってしまいがちですが、必ず将来利息をカットできるとは限りません。

任意整理の場合、裁判所を介さずに債権者と交渉して返済額や返済方法について話し合う方法になります。

弁護士も根気強く交渉を続けていきますが、もし債権者が「将来利息のカットは行えない」と言えばそうなってしまう可能性が高いです。

最近では将来利息のカットどころか、任意整理そのものにすら応じてくれない場合があります。絶対にカットできるわけではないことを覚えておきましょう。

任意整理で将来利息のカットが難しくなってしまう場合とは?

基本的に任意整理で将来利息のカットは行ってもらえますが、場合によっては難しくなることもあります。

どのような条件下だと将来利息のカットが難しくなってしまうのでしょうか?

取引期間が1年以下

取引期間が1年以下で短いにも関わらず任意整理で交渉しようとする場合、債権者側は「最初から返済するつもりがなかったのでは?」と考え、将来利息のカットに応じないこともあります。

返済額が少ない

元々返済額が少ない場合、任意整理で利息をカットしなくても返済可能と考える貸金業者は多いです。

特に、借金が年収の3分の1以下である場合は返済額が比較的少ないとみなされてしまうので、将来利息のカットが難しくなります。

経営が苦しい状況にある

貸金業者も経営を行っている会社なので、経営状況が苦しければ利息カットにも応じにくくなります。

特に将来利息は上記でもご紹介したように、貸金業者の売上につながる部分なので、経営が苦しいとなかなか将来利息のカットには応じてもらえないでしょう。

将来利息のカットを成功させるには?

任意整理で将来利息のカットを成功させるためには「交渉力」が重要となります。任意整理とは自己破産や個人再生手続きと違って裁判所を介しません。

交渉力がなければ貸金業者も相手にしてくれないでしょう。そこでこれから任意整理を行うという方は、これまで任意整理の交渉を数多く取り扱ってきた、経験豊富な専門家に相談・依頼することをおすすめします。

弁護士事務所などでは無料相談に応じてくれるケースが多いです。無料相談の中で任意整理に強そうかどうか、自分との相性は良いかなどをチェックしてみましょう。

まとめ

今回は任意整理の将来利息についてご紹介してきました。基本的に、債権者側にとっても借金の踏み倒しに比べれば将来利息のカット程度で返済してもらえるなら交渉に応じてくれる場合が多いです。

ただし、絶対に将来利息がカットされるわけではないので注意しましょう。将来利息をカットしてもらえるように任意整理の交渉を行ってくれる専門家に依頼する際には、まず無料相談を利用してみてください。

交渉の経験・実績が豊富で、なおかつ自分との相性も考慮して専門家を選んでみましょう。

相談無料 取立てストップ/借金問題は弁護士の力で解決・減額できます!/お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら