自分の信用情報の調べ方と手順

これから債務整理をしようとしているけど、どこから借りているかすべて把握できていないというような場合などに、相談した弁護士から信用情報を調べるように依頼されることがあったり、以前債務整理をしたけどそろそろローンが組めるかもしれないと信用情報を調べようとしている方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では、信用情報を調べるにはどのようにすればいいか、調べ方とその手順について解説していきます。

信用情報とは

信用情報機関が、それぞれ加盟しているクレジットカード会社などから個人のクレジットやローンに関する信用情報を収集し、加盟している会社からの照会に応じて情報提供を行っています。

信用情報に記載される事項は、クレジットに関する情報(氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号、契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名等)や、クレジットの返済状況に関する情報(報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況等)などです。

その中でも、返済が遅れたことや、債務整理をしたことなどの事故情報が信用情報に載ることを、一般にはブラックリストに載ると言われています

実際にブラックリストというリストがあるわけではありません

これら事故情報を含む信用情報を照会した加盟会社が、クレジットカードを作ってよいか、貸付を行ってよいかなどについての審査をしています。

信用情報の調べ方

自分の信用情報を調べるには、信用情報機関に情報を開示してもらう手続きをすることになります。

現在日本には3つの信用情報機関があり、その違いは主に加盟している会社の違いです。

①株式会社シー・アイ・シー(CIC)

CICの主な加盟会社は、信販会社・百貨店・専門店会・流通系クレジット会社・銀行系クレジット会社・家電メーカー系クレジット会社・自動車メーカー系クレジット会社・リース会社・保険会社・保証会社・銀行・消費者金融会社・携帯電話会社などです。

②株式会社日本信用情報機構(JICC)

JICCの主な加盟会社は、消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系クレジット会社、信販会社、金融機関、保証会社、リース会社などです。

③全国銀行個人信用情報センター(JBA)

JBAは、国内で活動する銀行、銀行持株会社および各地の銀行協会が加盟しています。

銀行からの借り入れについてはJBAに、クレジットカード会社からの借り入れについてはCICJICCに、消費者金融からの借り入れについてはJICC(またはCIC)に情報開示請求をすることになります。

調べたい会社がどこに加盟しているかわからない場合や多数の借り入れがありすべてを調べたい場合にはCIC・JICC・JBA3つの信用情報機関とも開示請求をすることも可能です。

自分の信用情報を調べる手順

それでは、実際に情報開示をしてもらうにはどのようにすればよいのでしょうか。

①株式会社シー・アイ・シー(CIC)

インターネット開示 自宅のパソコンやスマートフォンの画面上で回答情報(開示報告書)を即時に確認できます。
手数料はクレジットカード一括払いで1,000円です。
郵送開示 申込書、本人確認書類、手数料等を送り、10日ほどで回答情報(開示報告書)が送られてきます。
手数料はゆうちょ銀行発行の定額小為替証書1,000円です。
窓口開示 CIC開示窓口(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡)へ行き、タッチパネル端末機に入力操作します。
回答情報(開示報告書)はその場で手渡しされます。手数料は現金で500円です。

開示手続きの詳細はCICのホームページでご確認ください。

②株式会社日本信用情報機構(JICC)

スマートフォンによる開示手続き 専用アプリをダウンロードし、申し込み内容の入力などを済ませると、開示結果が郵送されてきます。
クレジットカード、コンビニ払い等から開示手数料の支払方法を選択できます。
開示手数料は1,000円です。
スマートフォンによる開示手続きの詳細はこちらをご確認ください。
郵送による開示手続き 信用情報開示申込書、手数料として定額小為替証書1,000円、本人確認書類等必要書類を郵送すると、1週間から10日ほどで現住所に開示結果が送付されます。
郵送による開示手続きの詳細はこちらをご確認ください。
窓口での開示手続き 2020年10月現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため窓口での手続きは当面の間休止されているのでご注意ください
東京または大阪の開示センターへ行き、信用情報開示申込書に必要事項を記入すると、その場で開示結果を受け取ることができます。
手数料は500円です。
窓口での開示手続きの詳細はこちらをご確認ください。

③全国銀行個人信用情報センター(JBA)

郵送による申込み JBAでは、情報開示の方法はセンターへの郵送による申込みのみです。
開示請求申込書、手数料(ゆうちょ銀行発行の定額小為替証書1,000円)、本人確認資料2種類を郵送すると、開示報告書が現住所に送られてきます。
郵送により申し込みの詳細はこちらをご確認ください。

なお、信用情報は、情報機関ごとに若干取り扱いが違いますが、基本的には、旧姓での借り入れは旧姓の情報を入力しないと出てきません。

また、過去に異なる電話番号や過去住所で登録されている場合は、その際の情報を入力しないと借入情報が出てきません。

そのため、借入れをされた記憶がある時期の情報を入力して取り寄せを行っていただく必要があります(詳しくは各機関にお問い合わせください。)。

まとめ

以上が自分の信用情報の調べ方とその手順となります。

債務整理をするために信用情報を調べるように弁護士から依頼されている場合には、どこの信用情報機関に開示請求をすればよいかなど、個別の事情については、債務整理を依頼している弁護士に確認するとよいでしょう。

相談無料 取立てストップ/借金問題は弁護士の力で解決・減額できます!/お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら