債務整理とは?種類別のメリットやデメリット

借金が膨らみ、月々の返済が厳しくなってきたら債務整理を検討してください。

手続きによって借金が減額できる幅は異なりますが、債務整理をすることによって、今後の生活の再建を目指すことができます。

この記事では、「債務整理とは?種類別のメリットやデメリット」について解説していきます。

債務整理とは?

債務整理とは、借金を減額したり、分割で支払うなどして借金を整理し、生活の再建を目指す手続きのことです。

債務整理には主に3つの手続きがあります。

自己破産

自己破産は、裁判所に申立てを行い、認められれば借金の返済が免除されます(一部、非免責債権と呼ばれる税金や社会保険料、悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償の支払い、養育費などは免除されません)。

ただし、自宅や車など一定額以上の価値のある財産は処分されてしまいます

個人再生

個人再生も、自己破産と同様裁判所に申立てを行います。

認められれば借金を大幅に減額することができ、原則3年(最大5年)で減額後の借金を返済していくことになります

減額できる金額は借金の総額によって異なりますが、概ね5分の1程度の借金が減額されます。

任意整理

任意整理は、自己破産や個人再生とは異なり裁判所は関与しません。

債権者(お金を貸した側)と債務者(お金を借りた側)による話し合いで借金問題を解決する方法です。

交渉により合意した内容で借金の返済をしていきます。

元金と合意する日までの利息等を3年~5年程度で分割して支払っていくことが一般的です

債務整理のメリットとデメリット

債務整理には、借金問題を解決して生活の再建を図ることができるというメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

それぞれの手続きによって異なるメリット・デメリットもありますので、以下で詳しく見ていきましょう。

①債務整理に共通するメリット・デメリット

まずは3つの債務整理に共通するメリットとデメリットについてです。

<メリット>

3つの債務整理に共通するメリットは、借金問題を解決できるということです。

手続きにより減額できる金額に差はありますが、借金がなくなったり、減額によって無理なく返済していくことで、生活の再建を図ることが可能です。

<デメリット>

信用情報機関に事故情報が登録されます。いわゆるブラックリストに載ると言われる状態です。

信用情報機関に加盟しているクレジットカード会社等が、新たに貸し付けを行う際や、クレジットカードを発行する際に信用情報を照会し、審査をしています。

そのため、事故情報の登録があると(ブラックリストに載ると)新たにお金を借りたり、クレジットカードを作ったり、ローンを組むことなどができなくなってしまいます

一般には、5年~10年は登録が削除されないと言われています。

関連記事
任意整理や自己破産を検討していて、インターネットで調べていると、信用情報機関に事故情報が載るというような記事を見かけることがあると思います。 いわゆるブラックリストに載ると言われるものです。 この記事では、その信用情報機関とは何か、また、3...

②自己破産のメリット・デメリット

<メリット>

  • 非免責債権以外のすべての借金の返済義務が免除されます。

<デメリット>

  • 自宅や車など、価値のある財産は処分されてしまいます。自宅や車のほかにも、20万円を超える価値があるものは処分されてしまいます。
  • 官報という国の機関紙に自己破産をしたことが掲載されてしまいます。
  • 破産手続中に転勤になり引っ越しをしなければならない場合や旅行など長期で自宅から離れる場合には、事前に裁判所に許可をもらう必要があります。
  • 弁護士・税理士・公認会計士などの士業や、生命保険募集人や警備員など破産手続中には就けない職業があります。
  • 免責不許可事由に該当すると、免責許可(借金の返済義務を免除してもらえる許可)が得られない可能性があります。
  • すべての債権者を対象としなければならず、一部の債権者を手続きの対象から外すことはできません。
  • 保証人が付いている借金がある場合、自己破産をすると借金の返済は保証人に請求されることになります。
関連記事
貸金業者等からの借金がどんどん膨らみ、ついに支払いが無理となった時に何か手立てはないのでしょうか。 借金問題の解決方法には債務整理がありますが、そのなかによく耳にする自己破産というものがあります。 自己破産は借金の返済義務がなくなる強力なメ...

③個人再生のメリット・デメリット

<メリット>

  • 借金の総額に応じて概ね5分の1程度に借金が減額されます。
  • 個人再生では、自己破産のように財産を強制的に処分されるということはありません。住宅ローンの特則を利用すれば自宅を処分されずに住み続けることも可能です。
  • 自己破産では、借金の理由が免責不許可事由に該当すると自己破産をできない場合がありますが、個人再生では、借金の理由を問われることはありません。
  • 自己破産のような職業や資格の制限はありません。

<デメリット>

  • 借金を大幅に減額することができますが、自己破産のように全額免除になるわけではありません。
  • 再生計画案のとおりに返済を続けなければなりません。もし返済ができなくなってしまった場合には、減額してもらえるはずだった借金は元の金額に戻ってしまい、全額返済しなければならなくなってしまいます。
  • すべての債権者を対象としなければならず、一部の債権者を手続きの対象から外すことはできません。
  • 保証人が付いている借金がある場合、個人再生をすると借金の返済は保証人に請求されることになります。
  • 官報という国の機関紙に個人再生をしたことが掲載されてしまいます。
関連記事
借金問題を解決する方法の中に、個人再生と呼ばれるものがあります。 裁判所が手続きに関わる法的整理のひとつですが、任意整理と違い元金そのもののカットや将来の利息のカットが可能で、債務の削減効果は大きい手続きです。 破産と違い住宅ローン付きの自...

任意整理のメリット・デメリット

<メリット>

  • 裁判所を通す手続きではないため、準備しなければならない書類などが自己破産・個人再生に比べ少なくて済みます。また、裁判所に行く必要もありません。
  • 官報に掲載されないため、周囲の人に知られてしまう可能性が自己破産や個人再生よりも少ないです。
  • 交渉する相手を選ぶことができます。車のローンの支払いだけ続け、その他の債権者とだけ任意整理の交渉を行うということも可能です。

<デメリット>

  • 利息制限法の上限金利を超える取引があった場合を除き、借金の元本自体が減額できることはありません。
関連記事
消費者金融からの借入やクレジットカードでのキャッシングが膨らみ返済が難しくなってしまったら、抜本的な解決が必要です。 借金問題の解決方法には裁判所が関係する「法的整理」と、借主側と貸主で任意で話し合って解決する「任意整理」の2種類があります...

まとめ

債務整理には、それぞれの手続きのメリットとデメリットがあります。

借金の総額、現在の収入や財産の有無、就いている職業などによってどの方法を選択するのがよいかは変わってきます。

借金の返済がきつくなってきたら、なるべく早い段階で弁護士に相談するとよいでしょう

個別の事情については弁護士に相談することをおすすめします。

相談無料。取立てストップ。借金問題は弁護士の力で解決・減額できます! お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら