主婦でも債務整理はできる?家族にバレずに借金を減額する手続きとは?

専業主婦の方でも、独身時代のクレジットカードの支払いが残っていたり、生活費のやりくりが思ったようにいかず少しずつ借り入れをしてしまい、返済に困っているという方も少なくありません。

専業主婦でも債務整理はできるのでしょうか?
また、できれば家族には知られないように手続きしたいと考える方もいらっしゃいますが、それは可能なのでしょうか?

この記事では、「主婦でも債務整理はできる?家族にバレずに借金を減額する手続きとは?」について解説していきます。

債務整理の種類

債務整理には主に以下の3つの手続きがあります。

自己破産

自己破産は、借金の返済を免除してもらう手続きです。

裁判所に申立てを行い、認められれば借金は全額免除されます。

ただし、税金や社会保険料、養育費等一部免除されないものもあります。

貸金業者等からの借金は原則全額免除されますが、一定額以上の財産は処分し、債権者への配当に充てなければなりません。

個人再生

個人再生も、自己破産と同様裁判所に申立てを行います。

再生計画案が認められれば借金を概ね5分の1程度に減額することができ、原則3年で返済します。

計画通りに返済できれば、残りの借金の返済は免除されます。

任意整理

任意整理は、裁判所は介さず、債権者と債務者との直接の交渉により合意した内容で返済をする手続きです。

自己破産や個人再生のように大幅に借金が減額ができる手続きではありませんが、将来発生する利息はカットすることが可能です。

3年~5年程度で返済することが一般的です。

主婦ができる債務整理

主婦の方が利用可能な債務整理の手続きは、自己破産か任意整理です。

個人再生は、借金を大幅に減額することができますが、継続して安定的な収入がなければ手続きを利用できないため、主婦の場合には認められないと考えた方がよいでしょう。

任意整理も毎月返済する手続きですが、家族の援助を受ければ返済が可能な場合や、パート収入等から返済が可能な場合には手続きができる可能性があります。

家族からの援助も受けられず、収入も全くない場合には、自己破産を検討しましょう。

自己破産であれば、一定額以上の財産は処分されてしまいますが、貸金業者等からの借金の返済は免除してもらえます。

家族にバレずに借金を減額する手続きは?

どうしても家族にバレないように手続きをしたい場合には、任意整理をするとよいでしょう。

任意整理は先述のとおり、裁判所を介さず債権者と債務者で直接交渉をする手続きです。手続きを弁護士に依頼すれば、債権者と弁護士が交渉をすることになるため、債権者から自宅に連絡が入ることも防ぐことができます。

ただし、必ずバレずに手続きができるわけではありません。弁護士から書類を自宅に送る際など、事務所によっては知られたくないという事情を考慮してもらえますが、中身を見られてしまえば知られてしまうことになります。

また、もし合意した内容での返済ができなくなってしまった場合には、債権者から督促の連絡がきてしまいます。

自己破産は裁判所に申立てを行います。専業主婦の方が自己破産を申し立てる場合、裁判所には夫の収入に関する書類等の提出も必要となるため、夫の協力なく申立てを行うことはできません。

まとめ

主婦の方でも債務整理をすることは可能です。

家族の協力を得られる場合には、任意整理で毎月返済していく方法か、自己破産をすることが可能です。どうしても家族にバレずに借金問題を解決したい場合には、任意整理がよいでしょう。

ただし、借金の総額、財産の有無、毎月返済できる金額などによっては自己破産や任意整理が利用できない場合もあるため、個別の事情については、弁護士に相談するとよいでしょう。

借金の返済に困ったら、まずは弁護士に相談することをおすすめします。

相談無料 取立てストップ/借金問題は弁護士の力で解決・減額できます!/お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら