今使っているスマートフォンや携帯電話、自己破産をすると使えなくなる?

最近は高額のスマートフォンも販売されており、スマートフォン本体の代金を分割で購入することも多くなっています。スマートフォン本体の代金を分割で購入する場合、一般的には月々の通話料などの利用料金に上乗せして、スマートフォンや携帯電話の本体代金を支払っています。

自己破産をしても今使っているスマートフォンを使い続けられるかは、この本体の代金の支払いが終わっているかどうかがポイントになります。以下3つのパターンに分けて見ていきましょう。

  1. スマートフォンや携帯電話本体の分割払いがまだ残っている
  2. スマートフォンや携帯電話本体の分割払いはすでに支払い済、または本体を一括払いで購入した
  3. 月々の通話料や通信料に滞納がある

①スマートフォン本体の分割払いがまだ終わっていない場合どうなる?

まずは「①スマートフォンや携帯電話本体の分割払いがまだ残っている」場合についてです。

スマートフォン本体の分割の支払いについては、ほかの債務と同様、破産の手続きの中で裁判所に報告しなければなりません。スマートフォンの分割払いだけを続けるということはできませんので、携帯会社との契約が解除されてしまいます。つまり、今使っているスマートフォンは使えなくなってしまいます。

ただ、スマートフォン本体の返還を求められることまではほとんどないようですので、スマートフォン自体は手元に残ることになるでしょう。

②スマートフォン本体の分割払いが終わっていたら、そのまま使える?

次は、「②スマートフォンや携帯電話本体の分割払いはすでに支払い済、または本体を一括払いで購入した」場合についてです。

例えば、同じスマートフォンを2年以上使っている場合など、本体の分割払いは終了していて、月々の利用料金のみの支払いになっていることがあります。その場合、月々の通話料や通信料は自己破産手続きをしても支払いを続けても問題がありませんので、今使っているスマートフォンをそのまま利用することができます。

自己破産手続きをすることになると、借金の返済や新たな借金をしてはいけないのですが、月々の通話料や通信料は家賃や水道光熱費のように生活に必要な費用として支払うことができます。

③通話料や通信料など月々の支払いを滞納してしまっている場合はどうなる?

最後に、「③月々の通話料や通信料に滞納がある」場合はどうなるのでしょうか。

毎月請求されて支払う月々の利用料金については、上記のとおり、家賃を支払うように自己破産手続きをしても払い続けることに問題はありません。

しかし、滞納してしまった未払いの料金は、ほかの債務と同様に扱われますので滞納が続けば携帯会社から契約を解除されてしまうことになります。

つまり、通話料や通信料などに滞納がある場合には、スマートフォンは利用できなくなってしまいます。ただし、通話料や通信料などの滞納が少額である場合には、そのまま利用し続けることができる場合もあるので、詳しくはお問合せいただき、弁護士とご相談ください。

結局、自己破産してもスマートフォンを使い続けられるのはどのパターン?

結局、自己破産をしてもスマートフォンを使い続けられるのはどのような場合でしょうか。スマートフォン本体を一括で購入した場合か、分割払いですでに支払いが終わっていて、かつ月々の利用料金に滞納がない場合には、今使っているスマートフォンをそのまま使い続けることができます。

ただし、月々の利用料金の滞納がごく少額な場合には、そのまま使い続けることができる場合もございますので、詳しくはお問い合わせいただき弁護士とご相談ください。

※月々の通話料や通信料のほかにキャリア決済があったらどうなる?

キャッシュレス決済が増えてきていますが、その中でネットショッピングの代金などを、携帯電話の料金と一緒に支払うというサービスがあります。これは、一時的に携帯電話の会社が費用を立て替えているという、クレジットカードと同じような仕組みであり、携帯会社へ借金をしていることになります。

仮にキャリア決済で何か購入した場合に、弁護士の介入後、月々の利用料として払うと偏波弁済に該当する可能性があり、最悪の場合、免責不許可(債務が免除されない)となることもあります。

また、携帯本体の割賦代金の返済と同様に捉えられて契約解除となる場合もあります。

これらの点については、契約しているキャリアによっても対応方法が異なるため、詳しくは弁護士に問い合わせのうえ、ご対応いただくことをお勧めいたします。

相談無料 取立てストップ/借金問題は弁護士の力で解決・減額できます!/お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら