任意整理なら車を残せる?車を手元に残して任意整理をする方法

借金の返済が難しくなってきてしまったけど、車がないと生活できないからどうしても手元に残したいという方も少なくありません。

自己破産や個人再生をすると車は引き揚げられてしまい、処分されてしまうことがほとんどです。

では、任意整理なら車を残せるのでしょうか?

任意整理でも、車のローンの任意整理をすれば車は引き揚げられ、処分されてしまうことが一般的です。

この記事では、「任意整理なら車を残せる?車を手元に残して任意整理をする方法」について解説していきます。

任意整理とは?

まずは任意整理について簡単に確認しておきましょう。

任意整理は、裁判所は関与せず、債権者(お金を貸した側)と債務者(お金を借りた側)による話し合いで借金問題を解決する方法です。

交渉により合意した内容で借金の返済をしていきます。

元金と合意する日までの利息等を3年~5年程度で分割して支払っていくことが一般的です。

自己破産や個人再生のように、借金の返済をすべてまたは大幅に免除してもらうことはできません

しかし、自己破産や個人再生はすべての債権者を対象としなければならず、一部の債権者を手続きの対象から外すことはできませんが、任意整理は対象とする債権者を選ぶことができる点などにメリットがあります。

車のローンを債務整理すると車が引き揚げられてしまう理由

車のローンを返済中に債務整理をすると、基本的には車は債権者に引き揚げられて処分されてしまうことは先述のとおりです。

これは、所有権留保といい、車のローンを支払い終えるまでは車の所有権は債権者になっていることがほとんどだからです。

一般的に、ローンを完済するまで車の所有権はローン債権者となっており、債務者がローンの支払いができなくなった場合には債権者が車を引き揚げ処分し、売却で得た金額をローンの返済に充てることになります。

任意整理で車を残す方法

では、任意整理をしても車を手元に残すにはどのようにしたらよいのでしょうか。

任意整理は、対象とする債権者を自分で選ぶことができます。

車のローンも任意整理の対象とすれば、所有権留保の関係でやはり車は没収されてしまう可能性が高いのですが、車のローン以外の借金を任意整理し、車のローンの支払いは続けることで車を手元に残すことが可能です

車のローンに限らず、借金に保証人が付いている場合にも任意整理を選択するとよいかもしれません。

保証人には迷惑をかけたくないけど、もう借金がぜんぜん減らずに困っているといような場合、保証人が付いている借金以外を任意整理することで問題が解決する可能性があります

まとめ

住んでいる地域や職業、その人の状況によっては、車は生活に欠かせないものです。

借金が返せなくなってしまっても、どうにか車は手元に残せないかと考える方は少なくありません。

車のローン以外の借金を任意整理し、車のローンはこれまで通り支払い続けることで車の没収を避けることは可能です

ただし、すでに車のローン以外の借金が多額になりすぎてしまい、任意整理では解決が難しいというような場合もあります

借金が膨らんできてしまうと、任意整理では解決できず自己破産や個人再生を選択せざるを得ない可能性もあります。

車を手放したくないなどの事情がある場合には、なるべく早く弁護士に相談することをおすすめします

個別の事情については弁護士に相談するとよいでしょう。

関連記事
頑張って返済してるのに利子が高くてなかなか元金が減らず、借金をどうにかしたいとは思っているけど、自己破産するのは抵抗があるという方も少なくありません。 じつは、自己破産以外にも借金を整理する方法があります。 この記事では自己破産と自己破産以...
関連記事
債務整理を検討すると、個人再生や任意整理などの単語が出てくるので、どんな違いがあるのかと不思議に思う人もいるでしょう。 個人再生は、比較的新しい制度なので聞いたことが無い人も中にはいるはずです。 そこで、その違いを知るためにも個人整理と任意...

相談無料 取立てストップ/借金問題は弁護士の力で解決・減額できます!/お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら