債務整理をすると年金は受け取れないって本当?

1度債務整理を行ったことがある方の中には年金が受け取れるかどうかを心配している人も多いです。

債務整理によって負担を軽減できると分かっても年金が受け取れないとなれば、債務整理の続行を考えてしまうことでしょう。

そこで今回は、債務整理後が年金にどう影響を与えてくるのかを詳しくご紹介していきます。

年金の仕組みによっても色々変わってくるため、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

債務整理で年金が受け取れなくなることはない

年金というのは債務整理によって支給が止まってしまうことはないものになっています。

国民年金や厚生年金、さらには共済年金などの公的年金のすべては個別の法律で制度が定められており、これらの権利や義務などを個人が自由に変えたり決めたりはできないようになっているのです。

既定の中には債務整理によって年金が受け取れなくなる、又は年金支給額が減るといった内容は一切ありません。

そもそも公的年金は差し押さえ不可で、返済が困難だからと言って年金自体を差し押さえられる心配はないのです。

老後というのは体力的にも就業が難しくなることが一般的です。そんな時に生活を支えるはずの年金が支払われなければ、暮らしていくことができなくなり、年金が存在する意味がなくなります。

よって年金受給者の生活を破綻させないためにも年金の差し押さえは禁止となっており、債務整理をしたとなってもきちんと受け取れるので安心してください。

個人年金だと差し押さえになる可能性もある

個人年金というのは公的年金だけでは不足してしまう年金額に加えて別でお金を積み立てる保険です。

国民年金や厚生年金にプラスして保険料を納め、契約時に決めた時期に受け取れるようになっています。そんな個人年金はあくまでも個人の金融資産という形で存在する年金です。

そのため年金と名がついても位置付け的には貯金と一緒で、いわば資産となります。個人年金などの資産形成をする余裕がある場合、資産を使って借金の返済ができるわけですから債務整理の必要がない場合がほとんどです。

しかし、もし破産を行ったのであれば、個人年金の解約返戻金相当額を組み入れるか、裁判所に選任された破産管財人によって個人年金を解約される可能性が高まります。

実際に債務整理を行った方が個人年金にて資産を貯めている人はほとんどいない状況です。個人年金の場合には払っている国民年金や厚生年金しか得られないと考えておきましょう。

年金受け取り後は銀行口座に入れてはいけない

個人年金は債務整理後に年金として受け取ることができません。

しかしながら、公的年金であって注意しなければいけないことがあります。それは、年金受け取り後に銀行口座には入れてはいけないということです。

役所は金融機関に振り込まれる前の年金を差し押さえはできないのですが、年金が金融機関に振り込まれたとなると差し押さえが可能となります。

そもそもお金が金融機関の口座に振り込まれるとそれが年金なのか貯金なのかを区別することはできません。銀行に入れた後は通常の貯金同様に扱いになることを覚えておきましょう。

しかし、年金を常に手元に持ったままだと不安に感じてしまう人は多いはずです。口座に預けている安心感は債務整理を行った人には味わえないのだろうか?と考えてしまいますが、その心配を抱える必要はありません。

年金が自由に出し入れできないとなれば大変不便に感じてしまうので、このような事態を回避するためにも口座調整と呼ばれる方法を使って年金を確保できるようになっています。

口座調整のやり方というのは債務整理前にメインバンクに移動することで、具体的な方法は債務整理の手続きや債券によって方法が異なります。

少々難しいのでは?と思ってしまいがちですが、口座調整は自分で調整をするわけではなく、弁護士や司法書士の力を借りて行うものになっています。

弁護士や司法書士に相談すると具体的な指示を出してくれるので、その指示に従うだけで簡単に口座調整が可能です。

まとめ

年金は公的年金であれば基本的には債務整理の影響を受けることなく受給可能になっています。

しかし、個人年金であると受け取れる可能性が低くなり、万が一債務整理によって借金の負担を減らしているのであれば、納めた個人年金の全額を受け取れない可能性が出てくるのです。

また、公的年金であっても安易に口座に入れてしまっては差し押さえされる可能性もあります。

しかし、お金の居場所を奪われてしまっては管理もできないため、不安を覚えるはずです。口座を活用したいという方は弁護士や司法書士に相談することで、債務整理後も安心して口座を活用できる生活が得られるでしょう。

相談無料 取立てストップ/借金問題は弁護士の力で解決・減額できます!/お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら