2回目の個人再生は認められるのか?申し立ての際の注意点について

「以前個人再生をしたけど、また借金をしてしまった。」

「個人再生をして返済中だけど、思っていたより返済計画通りの返済が厳しく、もう返済できないかもしれない。」

など、2回目の個人再生を検討している方もいらっしゃるかと思います。しかし、そもそも個人再生は2回できるのでしょうか?

結論から申し上げますと、個人再生を2回することは可能です。

ただし、注意しなければならない点がありますので、この記事で解説していきます。

2回目の個人再生を申し立てる際の注意点

①給与所得者等再生の場合7年は申立てができない

個人再生の手続きには、小規模個人再生と給与所得者等再生があります。

1回目の個人再生を給与所得者等再生で申し立てた場合、2回目も給与所得者等再生の手続きを申し立てるには、7年(1回目の再生計画認可決定の確定日から7年)が経過していなければなりません。

1回目、もしくは2回目のどちらかが小規模個人再生、どちらかが給与所得者等再生の場合であれば、期間の制限はありません。

関連記事
個人再生には、小規模再生と給与取得者等再生という2つの種類があります。 どちらも名前を聞いただけではどのような手続きなのか分からないという人が多いでしょう。 今回は、小規模再生と給与取得者等再生がどのようなものか解説し、その違いについて理解...

②小規模個人再生の場合再生計画案の同意を得られない可能性がある

小規模個人再生の場合には、再生計画案の書面による決議が行われます。債権者の数と債権額の過半数の同意が得られなければ、再生計画案は否決され、個人再生は失敗してしまいます。

2回目の個人再生の場合、特に1回目の個人再生の際にも債権者となっている会社等があると、同意を得られない可能性が高くなります。

そのため、2回目の個人再生を小規模個人再生で申し立てる場合、1回目の申立てより、より綿密に再生計画案を練る必要があります。

関連記事
債務整理を行って個人再生が認められると、詳細な返済計画をまとめた再生計画案の提出が求められます。 今回は、個人再生の再生計画案とはどのようなものか、またその作成方法や注意点などについて解説していきます。 個人再生の流れや注意点が知りたい方は...

③1回目に減額された金額からまた減額できるわけではない

1回目の個人再生の返済中に2回目の個人再生を申し立てる場合、1回目の個人再生によって減額された金額からさらに減額できるわけではないことに注意してください。

返済計画に沿った返済をしていた金額は、返済として有効ですので、無駄になってしまうことはありません。

再生計画に沿った返済中に2回目の個人再生を検討している場合

1回目の個人再生の再生計画通りの返済がどうしてもできなくなってしまい、2回目の個人再生を検討している場合、個人再生を申し立てなくても解決できる可能性もあります。

①再生計画の変更

認可決定後、やむを得ない事情により返済ができなくなってしまった場合には、再生計画の変更を申し立てることができます。

個人再生では原則3年で返済しますが、特別な事情があった場合に限り5年まで期間を延長することができます。

返済する期間を延長することで返済が可能である場合には、再生計画を変更できる可能性があります。再生計画が変更できれば、改めて個人再生を申立てなくてもよいため、まずは再生計画の変更を検討しましょう。

②自己破産をする

再生計画に沿った返済中にどうしても返済ができず、再生計画の変更も難しい場合には、自己破産をすることができる場合もあります。

自己破産をすると一定額以上の価値がある財産は処分されますが、税金や養育費など一部の非免責債権以外の借金は全額免除してもらうことができます。

関連記事
返済してもなかなか借金が減らず、個人再生をするか自己破産するかで悩まれている方も少なくありません。 個人再生にも自己破産にも、それぞれメリットとデメリットがあり、その人の財産や借金の状況によってもどちらを選択するのがよいかは異なります。 こ...

③ハードシップ免責

返済計画による返済金額の4分の3以上の返済を行っている場合には、ハードシップ免責を受けることができる可能性があります。

ハードシップ免責が認められれば、残りの返済は免除してもらうことができます。

関連記事
住宅などの財産を手元に残して債務整理ができる個人再生手続には、債務を5分の1から10分の1までカットできるためメリットの多い制度です。 そのカットされた債務を3年から5年かけて支払えば、以後カットされなかった債務についての支払い義務は免除さ...

まとめ

個人再生は2回目でも申立てをすることは可能です。

しかし、給与所得者等再生で申立てをする場合の期間の制限、2回目の申立てであることによるよりしっかりとした再生計画案の作成、減額できる金額などには注意が必要です。

個人再生は債務整理の中でも最も複雑な手続きです。2回目の申立てとなれば、よりしっかりとした準備が必要になります。

過去に個人再生をしたことがあり、現在も借金に困っている方は、なるべく早く弁護士に相談することをおすすめします。個別の事情については弁護士に相談するとよいでしょう。

相談無料。取立てストップ。借金問題は弁護士の力で解決・減額できます! お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら