個人再生をするとクレジットカードは使えない?現金払いに替わる方法を利用したい場合の対処法

最近ではインターネットで買い物をする機会が増え、またキャッシュレス化も進んでいるため、クレジットカードは生活になくてはならない存在になっています。

しかし、便利であるがゆえに使い過ぎてしまって、返済ができなくなり債務整理をするという人も少なくありません。

個人再生をしたら、クレジットカードはどうなるのでしょうか?

この記事では、「個人再生をするとクレジットカードは使えない?現金払いに替わる方法を利用したい場合の対処法」について解説していきます。

個人再生をするとクレジットカードは使えない?

個人再生とは、裁判所に申立てを行い、認められれば、借金が概ね5分の1程度に減額できる手続きです。

すべての債権者を手続きの対象としなければならず、一部の債権者だけを手続きの対象から外すことはできません

個人再生の手続きを弁護士に依頼すると、弁護士から各債権者に受任通知が発送されます。

これは、個人再生の手続きについて弁護士が受任したということを知らせるもので、債権者は受任通知を受領すると、債務者への借金の取り立てをストップし、クレジットカードは利用できないよう強制的に解約されます。

そのため、現在利用しているクレジットカードは使えなくなってしまいます

関連記事
借金の返済ができずにいると、金融会社や取り立てや督促が来ます。しかし、債務整理により金融機関に受任通知を送ると督促がストップします。 督促や取り立ては精神的に追い込まれるケースがあるので、それが止まれば債務者にとっては喜ばしいことでしょう。...

個人再生をしたあと、新しくクレジットカードを作ることはできる?

個人再生をすると、信用情報に事故情報が登録されます。いわゆるブラックリストに載ると言われる状態のことです。

クレジットカード会社や貸金業者などは信用情報機関に加盟しています。

信用情報機関とは、加盟しているクレジットカード会社などから個人のクレジットやローンに関する信用情報を収集し、加盟している会社からの照会に応じて情報提供を行う機関です。

これらの信用情報機関に加盟しているクレジットカード会社などが、新たに貸し付けを行う際や、クレジットカードを発行する際に信用情報を照会し、審査をしています。

そのため、事故情報の登録があると(ブラックリストに載っていると)新たにお金を借りたり、クレジットカードを作ったり、ローンを組むことなどができなくなってしまいます。

一般に、事故情報が登録されているのは5年~10年程度と言われているので、個人再生をするとその後5年~10年程度はクレジットカードを新たに作ることができなくなってしまいます

もし、利用していないクレジットカードがあった場合でも、クレジットカード会社では、定期的に信用情報の照会(途上与信や契約更新時等)をしているため使えなくなってしまいます。

また、個人再生をしない場合でも、借金の滞納が続けば事故情報は登録されてしまうため、クレジットカードが使えなくなってしまいます。

関連記事
任意整理や自己破産を検討していて、インターネットで調べていると、信用情報機関に事故情報が載るというような記事を見かけることがあると思います。 いわゆるブラックリストに載ると言われるものです。 この記事では、その信用情報機関とは何か、また、3...

個人再生をしても、現金払いに替わる方法を利用したい場合の対処法

このように、個人再生をするとクレジットカードを使うことができなくなってしまいます。

しかし、すべての支払いが現金払いのみというのも大変不便です。

そこで、個人再生をしても、現金払いに替わって支払える方法をご紹介します。

①プリペイドカードやデビットカードを使う

審査不要のプリペイドカードやデビットカードを使う方法です。

プリペイドカードは、あらかじめチャージしておいた金額分を利用することができるカードです。

デビットカードは、決済時に登録してある銀行口座から即時で引き落とされるカードです。

②家族カードを使う

家族カードを使う方法です。

配偶者など、家族名義のカードの家族カードであれば、個人再生をしても利用することが可能です。

③信用情報から事故情報が削除されるまで待つ

個人再生をした場合、事故情報は、5年~10年間程度、信用情報に登録されています。

この期間が過ぎれば、新たにクレジットカードを作ることが可能になります。

ただし、個人再生をした際に利用していたクレジットカード会社では、事故情報の登録が削除されたあとでも社内に情報が残っており審査が通らない可能性が高いです。

また、事故情報が登録されている期間には多少の前後があります。

もし個人再生をした後にクレジットカードを申し込む際には、自分で信用情報を確認してから新規発行の申し込みをするとよいでしょう。

まとめ

個人再生をするとクレジットカードは使えなくなってしまいます

受任通知を送ると解約されてしまうなら、弁護士にクレジットカードの存在を隠しておこうと考える方も中にはいらっしゃいます。

しかし、個人再生手続きの準備をしている間に、隠していたクレジットカードの存在がわかり、弁護士に辞任されてしまう可能性もあります

また、クレジットカードの存在を隠したまま個人再生をすると、個人再生の手続きが失敗してしまったり、罪に問われてしまう可能性もあります

クレジットカードを使えないのは不便ですが、生活の再建のため収支を見直すにはいい機会でもあります。

借金の返済に困ったら、なるべく早い段階で弁護士に相談することをおすすめします

個別の事情については弁護士に相談するとよいでしょう。

関連記事
個人再生をしたい場合、どのような弁護士に相談するとよいのでしょうか。 弁護士によって得意な分野とそうでない分野があったり、そもそも業務として取り扱っていない分野があったりもします。 個人再生の手続きは他の債務整理の中でも特に複雑で、普段個人...

相談無料。取立てストップ。借金問題は弁護士の力で解決・減額できます! お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら