債務整理をすると官報に掲載される?載る・載らない場合

返済できる見込みがない借金を抱えてしまった場合、債務整理をすることで合法的に解決することが可能です。

しかし、債務整理をすると官報にその事実が掲載されます。官報に掲載されると家族や周囲の人に知られてしまうのでしょうか?

また、官報に掲載されずに債務整理を行う方法はないのかと不安になる人もいるでしょう。

そこで今回は、債務整理の概要や官報に掲載される場合とされない場合の違いについてご紹介していくので、債務整理について悩んでいる人は参考にしてください。

債務整理とは?

債務整理とは借金の額や収入の有無、本人の年齢や職業にかかわらず、借金がある人すべてが適用対象となる救済措置です。

債務整理の方法には方法は大きく分けて3種類あります。

任意整理

裁判所を介さずに消費者金融などの債権者と直接話し合い、毎月の支払額の減額や借金を減額してもらう方法です。元金ではなく、将来分の利息をカットしてもらうのが任意整理の特徴です。

個人再生

裁判所に申し立てることで借金を大幅に減額できるのが個人再生です。元金を含めて原則5分の1まで減額できますが、裁判所の許可が必要なため、細かな条件や手続きに時間がかかる場合があります。

自己破産

裁判所に申し立てることで借金を清算し、ゼロにする方法です。借金残高はなくなる代わりに不動産や車などの資産がすべて没収されるため、今後の生活にも大きく影響を及ぼすので注意が必要です。

債務整理のメリット・デメリット

どの方法で債務整理を行った場合でも共通したメリット・デメリットがあります。あらかじめ把握しておき、自身に役立てましょう。

債務整理を行うメリット

債権者との話し合いや裁判所に申し立てることで借金を根本的に解決できます。そのため、債務整理手続きに入ると債権者からの返済請求がストップします。

支払の督促がこなくなることで精神的に落ち着けるだけでなく、生活面でも楽になるでしょう。

債務整理を行うデメリット

銀行や銀行系の融資やクレジットカード、カードローンが債務整理の対象に含まれている場合、口座が凍結されてしまいます。あらかじめ引き出しておくなどの対策が必要となるでしょう。

また、債務整理を行うと信用情報機関に事故登録される、いわゆる「ブラックリスト入り」してしまうため、新たな借り入れやクレジットカードを作ることができなくなります。

債務整理をすると官報に掲載される?

官報とは法令の制定や改定のほかに、裁判所での決定事項が掲載される政府発行の冊子です。

官報には裁判所で決定した内容がすべて掲載されるため、裁判所への申し立てが必要な「個人再生」「自己破産」といった債務整理の方法を取った場合は掲載されます。

個人再生の場合は手続きの開始決定時・書面による決議決定時・再生計画の許可が下りた時の3回、自己破産の場合は手続き開始決定時・免責許可決定時の2回、それぞれ2週間ほど掲載されます。

一方で、裁判所を介さない「任意整理」の手続きを取った場合は掲載されません。官報は誰でも見ることができるものですが、金融機関や法律事務所といった借金に関する業務を行っている人が業務上、確認することが多いです。

一般の人が目にする機会はほとんどないと言って良いでしょう。

官報に掲載されずに済む方法は?

裁判所を介さずに債権者との話し合いで将来の利息をカットしてもらう「任意整理」のほかにも官報に掲載されない債務整理の方法があります。

それは「特定調停」と呼ばれるもので、簡易裁判所で調停委員の立会いのもとに当事者同士が話し合いを行う民事調停の一種です。

2000年に導入が開始された新しい制度で、費用が安く、自分でできることが特徴の特定調停ですが、平日の日中に出廷しなければならなかったり、安定した収入が求められたりするため、あまり利用されていないのが現状です。

特定調停で成立した調停調書は、確定判決と同じ効力を持つため、債務者にとって、任意整理と比較して不利になってしまう点もデメリットです。もし、菅報に掲載されたくないのであれば特定調停ができるか弁護士に相談してみても良いでしょう。

まとめ

今回は債務整理の概要や、官報に掲載される場合とされない場合の違いについてご紹介しました。

裁判所への申し立てが必要な個人再生や自己破産の手続きを取った場合は官報へ掲載されますが、一般の人が目にすることはほとんどないため、家族や周囲の人に借金の事実が知られる可能性は低いと言えます。

また、裁判所を介さない任意整理を行った場合でも信用情報機関へは事故登録されるため、ブラックリスト入りは避けられません。

いずれにしても借金問題を自分一人で解決しようとすると膨大な知識や時間、煩雑な手続きが必要となります。借金問題でお悩みの場合は一度弁護士に相談してみると良いでしょう。

相談無料 取立てストップ/借金問題は弁護士の力で解決・減額できます!/お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら