自己破産をすると賃貸借契約はどうなる?アパートにはもう住めない?

自己破産をすると、マイホームは処分しなければならないと聞いたことがあるかもしれませんが、賃貸の場合はどうなのでしょうか。

今住んでいる家を追い出されてしまうのでしょうか?そして、その後新しく賃貸借契約を結ぶことはできるのでしょうか?

この記事では、「自己破産をすると賃貸契約はどうなる?アパートにはもう住めない?」について解説していきます。

自己破産すると賃貸借契約はどうなる?

自己破産をしても、自己破産をしたことだけを理由に賃貸の物件から追い出されてしまうということはありません

以前は賃貸物件の借主が自己破産をすると、貸主が賃貸借契約を解約することができました。

つまり、追い出されてしまう可能性があったのです。

しかし平成16年の民法改正によりその規定は削除されています。

自己破産後は今住んでいるアパートにはもう住めない?

自己破産したことだけを理由に、今住んでいる家を追い出されてしまうことはありませんが、家賃を滞納している場合には注意が必要です。

家賃の滞納が続くと賃貸借契約は解除されてしまう可能性があります

家賃を払わないまま自己破産をすると、払っていなかった家賃の支払い義務も免除されます。

貸主は賃貸借契約を解除し、建物の明け渡しを求めてくるでしょう。

今住んでいる家を出ていきたくない場合、滞納している家賃が少額なら、分割で支払うなどして滞納を解消しておく方法があります。

ただし、この場合、自己破産における免責不許可事由に該当する偏頗弁済(へんぱべんさい)に該当する可能性があります

偏頗弁済とは、特定の債権者にのみ返済をしたりすることで、債権者はみな平等に扱わなければならないという原則に反する行為になってしまいます。

裁判所の判断により、免責不許可となった場合には、借金の返済義務は免除されません

家賃の場合、生活には欠かせないものであるため、少額であれば問題にならないことがほとんどですが、自己判断はせず、弁護士に相談することをおすすめします

自己破産後は新たに賃貸借契約を結べない?

家賃の滞納分が支払えずに自己破産をしてしまい、やむを得ず引っ越しをする場合などは、新たに賃貸借契約を結ぶことはできるのでしょうか?

自己破産をしたらどこにも住めなくなってしまうというのは困ってしまいますよね。

自己破産をしても、賃貸借契約を結ぶことは可能です。

ただし、借りられるかどうかの審査の際に、自己破産をしたことが影響してくる可能性があります

アパートを借りる際には、まずは大家さんが審査をします。

大家さんに自己破産をしたことを言わなくてはならないという決まりはないので、伝えなくても大丈夫です。

ただし、大家さんによる審査は、大家さんによって判断基準が異なる場合があるので、大家さんの基準によっては審査に通らないこともあります

もちろん、今後家賃を払えそうだと判断してもらえれば、大家さんの審査は通る可能性があります

問題になるのは、家賃の保証会社による審査です。

以前は、親や兄弟など、親族が保証人や連帯保証人になって賃貸借契約を結ぶことが多かったのですが、最近では家賃保証会社(賃貸保証会社)の利用が必要な物件も多くあります。

この家賃保証会社による審査で、自己破産を理由に審査が通らない可能性があります

信販系の家賃保証会社の審査では、信用情報機関から信用情報を照会していると言われています。

信用情報機関とは、加盟しているクレジットカード会社などから個人のクレジットやローンに関する信用情報を収集し、加盟している会社からの照会に応じて情報提供を行う機関のことです。

借金を長期間滞納したり、自己破産を含む債務整理をした場合には事故情報として登録されます。

いわゆるブラックリストに載ると言われる状態です。

そのため、自己破産をすると事故情報の登録がされており、家賃保証会社の審査が通らないでしょう。

自己破産後に賃貸借契約を結ぶ場合の注意点

では、自己破産後に賃貸借契約を結ぶ場合にはどうしたらよいのでしょうか?

①親や兄弟など、個人が保証人となれば契約できる物件を選ぶ

まずは、信販系の家賃保証会社以外の保証人で契約できる物件に申込をすることです。

ただし、大家さんの審査があることには変わりありません。

保証人となってくれる人の収入や、物件を借りたい本人の収入などから審査が通らない可能性もあります

②信販系ではない家賃保証会社を利用できる物件を選ぶ

家賃保証会社の中でも、信用情報機関に加盟していない信販系でない会社であれば、審査が通りやすくなるでしょう。

③しばらくの間実家に帰るなどする

信用情報機関に事故情報が登録されているのは一般的に5年~10年程度と言われています。

その後は事故情報が削除されるため、信販系の家賃保証会社の審査にも通る可能性があります

もし環境や事情が許す場合には、5年~10年程度実家で過ごすなどの方法もひとつかもしれません。

まとめ

自己破産をしたことだけを理由に、今住んでいるアパートから追い出されてしまうことはありません

しかし、家賃を滞納している場合には注意が必要ですので、自己破産を依頼する弁護士に相談するとよいでしょう。

引っ越しをしなければならない場合においても、家賃保証会社に注意をすれば新たにアパートを借りることができるでしょう。

個別の事情については、弁護士に相談することをおすすめします。

相談無料 取立てストップ/借金問題は弁護士の力で解決・減額できます!/お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら