自己破産をすると退職金も全額没収される?

自己破産をすると退職金はどうなるのか、気になる方もいらっしゃると思います。退職金はまとまった金額になることも多いですし、退職金で何をするか決めていらっしゃる方も少なくないでしょう。

では、自己破産をすると退職金もすべて没収されてしまうのでしょうか?この記事では処分の対象となる退職金や処分の方法などについて解説していきます。

自己破産で没収される退職金は全額ではない!処分の対象となるのは?

自己破産の手続きは、持っている財産を処分(換金)して、債権者(お金を貸してくれていた金融機関など)に配当するので、残りの借金の返済はすべて免除してください、というものです(税金や養育費など一部支払義務が免除されないものもあります)。

しかしすべての財産を処分されてしまうというわけではありません。詳しくは「自己破産をするとお金や財産はすべて没収?残せるお金や財産はない?」をご参照ください。

自己破産をしても手元に残せる財産のうちのひとつに、差し押さえが禁止されている財産があります。退職金については、4分の3が差押禁止債権と法律で定められているので、退職金の4分の3は手元に残すことができます。つまり、4分の1は処分の対象となってしまいます。

退職金はどうやって処分される?そもそも退職しないといけないの?

退職金の4分の1を処分するといっても、どのように処分するのでしょうか。
処分の方法は以下のとおり退職の時期によって異なります。

まず、すでに勤務先を退職していて、まだ退職金を受けとっていない場合には、退職金の支給見込額の4分の1を破産管財人に支払う(破産財団に組み入れる)ことになります。

次に、例えば、定年退職が間近に迫っているなど、退職金が支給される蓋然性が高い場合には、やはり退職金の見込額の4分の1を破産管財人に支払うことになります。

他方で、自己破産手続をする際にまだ退職をしておらず、しばらく退職する予定もない場合、勤務先を退職して退職金を受領可能な状態にする必要はありませんし、破産管財人は破産者と勤務先との雇用契約を解除することはできませんので、自己破産をするために勤務先を退職しなければならないということはありません。

通常、退職金見込額の4分の1の金額は高額になることが多く、自己破産してもその会社に勤務し続ける場合、退職金を受け取ることができるのはまだ何年も先になることや、本当に受け取ることができるのか不確かな場合もあります。

そこで、自己破産手続をする際にまだ退職をしておらず、しばらく退職する予定もない場合には、退職金が支給されない可能性を考慮して、東京地方裁判所では退職金の4分の1でなく8分の1に相当する金額を破産管財人に支払うという扱いになっています。

では、すでに退職していて、自己破産手続前に退職金が口座に振り込まれている場合はどうでしょうか。その場合には退職金としてではなく、預金としての扱いになるので、20万円を超えると処分されてしまいます。会社を退職する予定があり、自己破産を検討されている方は早めのご相談をおすすめします。

退職金の4分の1(8分の1)っていくら?退職金がいくらかわからない

退職金の4分の1といわれても、そもそも退職金がいくらになるのかわからないという方も多くいらっしゃいます。

自己破産をする場合には、会社に計算してもらった退職金の見込額がわかる書類を裁判所に提出する必要があります。

会社に自己破産するのがばれてしまうのは困る、という場合には、住宅ローンを組むとか今後のマネープランについてファイナンシャルプランナーに相談しているなどと言って会社に作成を依頼する方もいらっしゃいます。

どうしても入手が困難な場合には退職金規定などから計算をすることになります。退職金がないという会社の場合は、退職金がないということがわかる書類の提出が必要になります。

自己破産と退職金について まとめ

自己破産で没収(処分)されてしまう退職金について、退職の時期によって異なることがわかりました。まとめると以下のとおりです。

①すでに退職していて、まだ退職金を受け取っていない場合
→退職金支給見込額の4分の1

②もうすぐ退職することが決まっているまたはもうすぐ退職する年齢になっている場合
→退職金支給見込額の4分の1

③自己破産後も勤務を続け、退職するのはまだ先な場合
→退職金支給見込額の8分の1

※すでに退職していて、退職金も受け取り済で預金口座に入れている場合
 →退職金としてではなく、預金として扱われる

いかがでしたでしょうか。
自分の場合は4分の1なのか8分の1になるのか、どちらかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では一般的な例でご紹介していますので、個別の事情については弁護士に相談することをおすすめします。

相談無料 取立てストップ/借金問題は弁護士の力で解決・減額できます!/お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら