自己破産後は二度とクレジットカードは使えない?

自己破産をするとクレジットカードが使えなくなるというのは聞いたことがあるかもしれません。

今、あらゆる場所でキャッシュレス化が進んでおり、これまで以上にクレジットカードがないと不便に感じることが多くなってきています。

自己破産をしたら二度とクレジットカードは使えないのでしょうか?

この記事では、自己破産とクレジットカードについて解説していきます。

自己破産をするとクレジットカードは使えない?

自己破産をすると、今持っているクレジットカードはすべて使えなくなります

①キャッシング(お金の借り入れ)などに使っているカード

自己破産を弁護士に依頼すると、まずはどこからいくら借金をしているのかすべての債務を把握します。

自己破産をする場合には、すべての債権者を平等に扱わなければならず、一部の債権者だけを自己破産の対象から外すことは許されません

すべての借金について、弁護士から債権者宛に、債務者から債務整理の依頼を受けたことを通知します。

この時点でクレジットカード会社は債務者とのクレジットカードの契約を解約するため、利用することができなくなります。

クレジットカード会社側の手続きの都合により、その後も一時利用できる場合がありますが、弁護士に依頼したあとクレジットカードを利用することは、その後の自己破産手続きに大きな影響を与える可能性があります。

弁護士に依頼したあとにはクレジットカードは利用しないようにしましょう

②キャッシングは利用していないカードまたは一度も使っていないカード

キャッシングはしておらず、ショッピングにしか使っていないクレジットカードや、持っているけど一度も使っていないクレジットカードがある場合も同様です。

持っていることを弁護士に申告し、弁護士から通知を送ることで利用はできなくなります。

弁護士から通知が送られると利用できなくなるなら弁護士にカードの存在を隠そうと考えるのはやめておきましょう。

ほかの債務との関係で、隠しているクレジットカードがあることが発覚する可能性があります

また、自己破産申立てのために財産や債務に関する資料をくまなく確認する弁護士には見破られてしまいます。

悪質な場合には、弁護士に辞任される可能性もありますし、免責許可を得られない(借金の支払い義務が免除されない)可能性があります

③ETCカード

ETCカードも使えなくなるので注意が必要です。

クレジットカードが解約され使えなくなっても、ETCカードは利用できてしまう場合があります。

これはクレジットカード会社側の手続きの都合によることが多いようです。

利用できるからといって利用してはいけません。

やはり、利用することで免責許可を得られなくなる可能性があります

④家族名義のカード

自己破産をする本人の配偶者や家族名義のクレジットカードにまでは影響は及びません

しかし、もし家族名義のクレジットカードの支払いが、自己破産をする人の口座からの引き落としになっている場合などには注意が必要です。

自己破産手続中に、配偶者はもちろん他人名義の負債の返済をすることはできません。

引き落とし口座の変更をするなどの手続きが必要になります。

クレジットカードはいつまで使えない?

では、クレジットカードはもう二度と使うことができないのでしょうか?

自己破産をするとクレジットカードを新たに作ることはできなくなります。

それは、信用情報機関に事故情報が登録されるからです。いわゆるブラックリストに載ると言われる状態のことです。

信用情報機関とは、加盟しているクレジットカード会社などから個人のクレジットやローンに関する信用情報を収集し、加盟している会社からの照会に応じて情報提供を行う機関のことで、現在個人の信用情報機関は3つあります。

  • ①株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • ②株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • ③全国銀行個人信用情報センター(KSC)

3つの信用情報機関の大きな違いは、加盟している会社の違いです。

信用情報を照会した加盟会社が、クレジットカードを作ってよいか、貸付を行ってよいかなどについての審査をしています。

そのため、事故情報の登録があると審査が通らずクレジットカードが作れないのです。

事故情報は一般に5年~10年登録が続くと言われています。

①CICと②JICCは5年、③KSCは10年登録されています。

多少の前後はあるようなので、自己破産後クレジットカードを作る際には、自分で信用情報を確認してから新規発行の申し込みをしてもよいかもしれません。

まとめ

自己破産をするとクレジットカードは使えなくなります。

また、その後5年~10年は新たにクレジットカードを作ることが難しくなりますが、二度と作れないということはありません

ただし、自己破産をした際に債権者だったクレジットカード会社では、独自の規定などにより、年数が経過しても審査に通らずクレジットカードを作れない可能性があります

個別の事情については自己破産を依頼する弁護士に相談することをおすすめします

相談無料 取立てストップ/借金問題は弁護士の力で解決・減額できます!/お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら