借金を滞納し続けて一括請求された時の対処法とは?

借金がなかなか返済できず、そのまま滞納し続けた結果、債権者から一括請求されてしまうケースは意外と多いです。

債権者から一括請求されてしまった場合、怖くなってそのまま放置してしまう方もいますが、それでは最悪の結果を招いてしまうおそれがあるので注意してください。

今回は借金を滞納し続けた結果、一括請求されてしまった時の対処法についてご紹介していきます。

既に返済が滞っているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

一括請求書が届けられる流れ

借金を1ヶ月滞納した程度では一括請求書は届きません。では、どのようなタイミングで送られ、そのまま放置するとどのようになってしまうのか、順を追って解説していきます。

①支払期日を過ぎても返済できず滞納になる

支払期日を過ぎても返済できなかった場合、滞納となってしまいます。数日後には貸金業者から返済を督促する電話がかかってくるでしょう。

ただし、貸金業者からの電話というとまるで脅されるような口調で「さっさと払え」と言われてしまうのでは?とイメージされる方は多いですが、普通の貸金業者であれば丁寧な口調で支払期日を過ぎている旨などを説明してくれます。

②督促状が届く

貸金業者から電話があったにも関わらず出なかったり、電話に出たものの返済していなかったりする場合は、督促状が届くようになります。

督促状は1回だけでなく、返済されないままだと数回にわたって送られてくるでしょう。なお、業者によっては最初から督促状が届くケースも存在します。

③催告状が届く

催告状とは、督促状を送ったにも関わらず何の返答もなかったり、返済が見られなかったりする場合に届く書類です。

督促状に比べて使われている言葉が強く、緊急性が高くなっています。

④一括請求書が届く

催告状が届いた後、内容証明郵便で一括請求書が届けられます。

一括請求書には借金の残った返済額と遅延損害金をまとめて支払う旨と期日が記されており、もし期日までに支払われなかった場合は裁判をするという内容が書かれている場合もあります。

⑤裁判所から訴状もしくは支払督促が送られてくる

一括請求書も無視してしまった場合、貸金業者はあなたを訴えようと裁判所へ相談に行きます。

すると、次は貸金業者ではなく裁判所から訴状もしくは支払督促が送られてくるのです。

訴状に記載されているのは「貸金業者から訴えられたこと」と「口頭弁論の期日に裁判所へ来てください」という内容です。

支払督促の場合、裁判所へ行く必要はありませんが、2週間以内までに異議申し立てをしなと強制的に給与や財産が差し押さえられてしまうことになります。

一括請求された時の対処法とは?

一括請求書が届いた時点で、これまで督促状を無視し続けて借金を滞納していった結果、悪い方向へと向かってしまっています。

それでも一括請求の時点ではまだ強制的に給与や財産が差し押さえになるわけではありません。貸金業者から送られた最後のチャンスと言っても過言ではないでしょう。

ただし、借金をそのまま一括返済できない場合もあるでしょう。もし返済できない場合、どのような対処法を取れば良いのでしょうか?

貸金業者に連絡する

これまで滞納し続けてきたため連絡しにくいかもしれませんが、どうしても期日までに返済できない場合はきちんと返済する意思があることを伝え、期日を延ばしてもらえないか相談することが大切です。

弁護士に相談する

貸金業者に連絡したものの交渉に失敗した場合は、弁護士に相談してみてください。

弁護士なら期日を延ばしてもらう交渉もスムーズにいきやすいですし、場合によっては債務整理の手続きを取ることも可能です。

債務整理を選ぶと、将来返済する分の利息や遅延損害金を全てカットしてもらい、返済計画を見直すための交渉となります。

利息や遅延損害金がカットされてしまっても、貸金業者はせめて元本は返済してもらわないと困るため、返済計画の見直しに応じてくれる場合もあるのです。

自分一人で債務整理の交渉は行えませんが、弁護士に任せておけば借金問題もクリアできるでしょう。

まとめ

借金を滞納し続けるのは多くのリスクを抱えてしまい、非常に危険です。

例えばブラックリストに登録されてしまい、他の金融機関からお金を借りることができなくなったり、遅延損害金と利息によって借金の総額が増えてしまったり、最悪の場合は給料や財産を強制的に差し押さえられてしまう場合もあります。

一括請求書は、貸金業者が最後の返済のチャンスとして送られてくる書類です。

一番は滞納しないことですが、どうしても返済が滞ってしまい一括請求書が送られてきたら早めに弁護士などの専門家へ相談するようにしましょう。

相談無料 取立てストップ/借金問題は弁護士の力で解決・減額できます!/お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら