任意整理は一括返済・繰り上げ返済はできる?メリット・デメリットを解説

住宅ローンなどを繰り上げ返済や一括返済などで早めに完済すれば、その分利息が減って総負担額が少なくなることはご存知でしょう。

では、借金で任意整理をした後にも、一括返済や繰り上げ返済をすることは可能なのか気になる方は多いはずです。

任意整理後でも可能な場合、メリットやデメリットはあるのでしょうか?

そこで今回は、一括返済・繰り上げ返済とは何か、任意整理の一括返済と繰り上げ返済のメリットやデメリットがあるのかをご紹介します。

一括返済・繰り上げ返済とは?

一括返済と繰り上げ返済について、初めて聞いたという方や分からないという方は多いでしょう。まずは、一括返済と繰り上げ返済についてご紹介します。

一括返済

一括返済とは、金融機関から借りていた借金を1回で完済することを言います。元々分割払いで契約をしていた時に、残っている債務の全てを一気に返済することが一括返済です。

完済してしまえば利息などがかからないため、分割払いを続けているよりも支払額を減らせます。

繰り上げ返済

繰り上げ返済は分割払いで契約をしていた際、毎月の返済にプラスして借入金の一部を別で返済することを言います。

分割払いで契約していた場合、毎月の支払いには元々借りたお金と利息が含まれていますが、繰り上げ返済をした分は元々借りたお金への返済に充てられます。

これにより支払わなければいけない利息が減り、支払い期間を短縮したり総返済額を減らしたりすることができるのです。

任意整理をした後の一括返済・繰り上げ返済はできるのか?

任意整理をした後は、減額してもらった借金を月々返済していきます。月々返済しなくても一括で返済ができるのであれば、一括で返済して借金をなくした方が良いでしょう。

しかし減額してもらった借金を一括返済や繰り上げ返済することができるのか、不安になるかもしれません。結論から言うと、任意整理した後の借金でも一括返済や繰り上げ返済はできます。

借金を分割払いにしている債権者は、一括返済や繰り上げ返済に難色を示します。なぜなら、借金を分割にして利息を付けることで利益を得ているからです。

一括返済や繰り上げ返済をされてしまうと、将来手に入ったはずの利息が手に入らなくなるため損をしてしまいます。しかし任意整理後に一括返済や繰り上げ返済をしても、断られることはありません。

任意整理では利息のみカットされることが大半のため、貸した側としても利息の儲けが無いのです。

また任意整理後の返済ができなくなってしまえば、借金をした側が自己破産して返済を受けられなくなるというリスクが貸した側に伴います。

そのリスクがなくなるため、貸した側は一括返金や繰り上げ返金をされても断られないのです。

一括返済・繰り上げ返済のメリット・デメリット

一括返済と繰り上げ返済にも、メリット・デメリットがあります。ここでは、そのメリット・デメリットをご紹介しましょう。

【メリット】

返済期間が短縮される

借金がいつまでも残っている以上、借金の支払いが優先的になり残ったお金でうまくやりくりしているという方も多いでしょう。

しかし、一括返済をすればその時点で借金生活から解放されますし、繰り上げ返済をすれば返済期間が短縮されます。

精神的に安定した生活につながる

借金を抱えていると暮らしの中で我慢することが増えていきます。例えば友達や職場の人との付き合いが減ったり、食費もかなり切り詰めたりする人は多いです。

また、借金があることで将来に大きな不安を抱え、精神的に苦しいと感じている方もいます。

一括返済や繰り上げ返済により少しでも早く借金を返済することは、精神面でも良い影響を与えてくれます。金銭面に余裕が生まれると、他の部分にも余裕が生まれ、人間関係や健康面にも良好になりやすいでしょう。

【デメリット】

まとまった金額が必要になる

一括返済や繰り上げ返済を行う場合、それなりにまとまった金額が必要になります。

もし無理をして返済したとしても、その後すぐに事故や病気、冠婚葬祭が続いた場合は再び借金をしなくてはいけない状況に陥ってしまう可能性もあるでしょう。

いくら早く借金を返済したいからと言っても、万が一の時のためにある程度の備えは必要です。

一部の債権者を優先して一括返済や繰り上げ返済をする場合には注意が必要

複数の金融機関から借金をしている場合、任意整理後に一部の債権者を優先して一括返済・繰り上げ返済を行うのであれば注意が必要です。

というのも、仮に一括返済後すぐに破産や個人再生などの手続きを利用する場合、一部の債権者を優先したことについて、偏波弁済と扱われる可能性があるためです。

破産や個人再生などの法的整理と呼ばれる手続きにおいては、債権者が画一的に扱われる必要(債権者平等の原則)があります。

支払能力に照らしてギリギリの返済条件での任意整理を行っている場合、一部の債権者を優先して一括返済・繰り上げ返済を行った後に、事情の変更などにより破産や個人再生などの手続きに移らざるを得なくなる可能性があります。

一部の債権者に一括返済等を行う場合には、以上の点に留意する必要があります。

まとめ

任意整理後に一括返済や繰り上げ返済は行うことができます。ただし、行うことに対するメリット・デメリットもあるのできちんと理解してから一括返済・繰り上げ返済を実施するようにしましょう。

相談無料 取立てストップ/借金問題は弁護士の力で解決・減額できます!/お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら