自己破産をすると、海外旅行に行けなくなるって本当?

自己破産をしたら、その後の生活にどのような影響があるのか不安で自己破産に踏み切れないという方もいらっしゃると思います。

自己破産に関する情報はインターネットなどでも多く書かれていて、海外旅行に行けなくなるという噂を目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

自己破産をすると、海外旅行に行けなくなるというのは本当なのでしょうか?

自己破産をしても、すべての手続きが終わったあとであれば制限なく海外旅行に行くことができます。

それではなぜ自己破産をすると海外旅行に行けなくなるという噂があるのでしょうか?「すべての手続きが終わったあと」とは、どのような意味をもつのでしょうか。

海外旅行に行けないのはいつ?自己破産手続終了後なら制限なく行ける?

先述のとおり、自己破産をしても、すべての手続きが終わったあとであれば制限なく海外旅行に行くことができます。では手続前や手続中はどうでしょうか?

1.自己破産手続前(申立ての準備期間)

海外旅行に行くことは制限されていません。

ただし、個々の状況に応じて、弁護士からその時期の海外旅行は控えるように言われることもあるかもしれませんので、自己破産を依頼した弁護士に必ず相談しましょう。

2.自己破産手続申立後

手続きの種類によって異なりますが、管財事件の場合には、手続中は居住地を離れることが制限されるため、結果として、海外旅行に行くことが制限されることになります。

ただし、裁判所の事前の許可があれば、海外旅行にも行くことができます。自己破産を依頼した弁護士に必ず相談しましょう。

もし許可を得ずに海外旅行に行ってしまうと、免責許可を得られない可能性もあります。

3.自己破産手続終了(免責許可決定確定)後

海外旅行に行くことは制限されません。

パスポートに自己破産をしたことが書かれることもありませんし、自己破産を理由にパスポートの発行や更新ができなくなることもありません。

このように、一部手続中には裁判所の事前の許可を得る必要があるなど、海外旅行に自由に行けるというわけではないので、自己破産をすると海外旅行に行けないという噂があるのかもしれません。

ただし、自己破産に至った理由が、収入に見合わない浪費による借金で、そのほとんどが海外旅行に使っていたというような場合には、自己破産手続終了後であっても、今後は海外旅行を控えるように自制する必要はあるかもしれません。

制限されるのは海外旅行だけ?引っ越しやクレジットカードについて

海外旅行については、手続中に一部制限があることがわかりました。それでは、制限を受けるのは海外旅行だけなのでしょうか?

海外旅行と同様に、管財事件における手続中は、引っ越しにも制限がかかります。もちろん、破産手続終了後の引っ越しは制限されません。

破産手続申立前や、破産手続中に転勤などがあり、どうしても引っ越しをしなくてはならない場合には自己破産を依頼してた弁護士に必ず相談しましょう。

このように、海外旅行と引っ越しは、自己破産手続が終われば自由にすることができます。ただし、手続終了後に海外旅行へ行かれる方に、注意して欲しいことがあります。

自己破産をすると、その後数年(一般には5年~10年くらいといわれています)はローンを組んだり、新たにクレジットカードを作ることができなくなるので、海外旅行には行けても、旅行先でクレジットカードを使用することができません。

これは、信用情報機関に事故情報として登録されてしまうためです(いわゆるブラックリストに載るというのはこのことです)。自己破産手続終了後に海外旅行へ行かれる方は、ご注意ください。

相談無料 取立てストップ/借金問題は弁護士の力で解決・減額できます!/お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら