自己破産をしたことがあっても、2回目の自己破産はできる?回数制限は?

ご相談いただくお客様の中には、実は過去に一度自己破産をしたことがある、という方もいらっしゃいます。一度自己破産をして再出発をしたけれど、どうしてもまた債務が膨らむ状況になってしまったという方は、2回目の自己破産はできるのでしょうか?

法律上、自己破産ができる回数制限は定められておりません。2回目でも自己破産をすることができる場合があります。

しかし、何度でも簡単に自己破産ができるわけではありません。以下、詳しくみていきましょう。

2回目の自己破産、免責許可は得られるのか?1回目との違いは?

2回目の自己破産をする場合でも、免責許可は得られるのでしょうか?また、1回目の自己破産とは何か違いがあるのでしょうか?

過去に自己破産をしたことがある方、自己破産の申し立てをし、免責許可が確定したのはいつでしたか?

前回の免責許可決定の確定日から7年以内に2回目の自己破産を申し立てをしても、原則免責許可は得られません。(例外的に、破産に至った経緯等によっては裁量免責が認められることもあります。)

しかし、7年以上が経過していれば、原則免責許可が得られない、ということにはなりません。

もちろん、1回目の自己破産よりも厳しく調査されることになります。2回目の自己破産の理由はなんでしょうか?

1回目の自己破産のあと、真摯に反省し身の丈に合った生活を送っていたのでしょうか?そういったことをしっかり調査するために、2回目の自己破産について裁判所は、破産管財人を選定する管財事件として取り扱う可能性が高くなります。

つまり、免責許可を得られる可能性はありますが、1回目の自己破産よりも免責を得るためのハードルが高くなります。

なお、管財事件の場合、手続も複雑になり、弁護士費用とは別に破産管財人の報酬を用意する必要があるため、同時廃止に比べて費用も高くなります。

2回目の自己破産で免責許可が得られないのはどんな場合?

では、2回目の自己破産で免責許可が得られないのはどのような場合でしょうか?

まずは先述したとおり、前回の免責許可決定の確定日から7年が経過していない場合です。7年以内の自己破産申立てでは、原則免責許可は得られませんが、裁判官の裁量によって認められることもあります。

どうしても7年以内に自己破産をしなくてはならない状況になってしまった方は、弁護士にご相談ください。

他方で、7年が経過して2回目の自己破産申立てをした場合はどうでしょうか?

2回目の破産に至った経緯が、1回目と同じだった場合や、免責不許可事由がある場合には、免責許可が得られないケースがあります。

免責不許可事由には、ギャンブル・遊興費などの浪費・クレジットカードで購入したものの現金化・株や先物取引など射幸行為、などが当たります。

1回目の自己破産や、免責不許可事由を隠すとどうなる?

2回目の自己破産で免責を許可を得るために、1回目の自己破産の事実を隠したり、免責不許可事由に該当することがあったのにそれを申告せずに2回目の自己破産の申し立てをしたらどうなるのでしょうか?

虚偽の申告をすることは、免責不許可事由に該当し、かえって免責許可を得られなくなる可能性を生じさせます。

自己破産申立てを行うために裁判所に提出する書類を確認すれば、虚偽や不正は見つけられてしまいます。ご不安な点もすべて弁護士にご相談いただいた上で、2回目の自己破産でも免責許可を得られるよう方針を立てていきましょう。

なお、万一、2回目の自己破産で免責許可を得ることが難しい場合であっても、個人再生という別の手続も考えられますので、弁護士にご相談ください。

相談無料 取立てストップ/借金問題は弁護士の力で解決・減額できます!/お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら