債務整理をすると銀行口座は凍結するって本当?

債務整理をした場合、銀行口座が凍結されてしまう可能性があります。

口座が凍結されてしまうと現金の引き出しや給料の振込、公共料金などの引き落としができなくなってしまうため、非常に困った状況になってしまうでしょう。

今回は、債務整理をした場合に口座凍結の対象となるケースとならないケース、口座凍結によるリスクや凍結される期間、口座凍結の対策についてご紹介します。

凍結の対象になるケースとならないケース

債務整理をした場合、口座が凍結されてしまう可能性が非常に高いです。しかし、必ず凍結されるわけでもないため、凍結の対象になるケースとならないケースについて知っておく必要があります。

では、それぞれどのようなケースがあるのか見ていきましょう。

借入をしていない銀行の口座

借入をしていない銀行口座は凍結されることはありません。凍結されてしまうのは、債務整理をした銀行にある同じ名義の口座だけです。

ただし、債務整理をしたという情報は全ての金融機関で共有されてしまうため、凍結されていない口座だとしても金融機関から新たな借入できなくなります。

消費者金融だけを債務整理した場合

債務整理の中でも利息を減らして総返済額の負担を減らす任意整理は、特定の借金だけを選択できます。その場合、借り入れをしている同系列の銀行口座が凍結されてしまう可能性があります。

特に、銀行カードローンで借金をしていて、消費者金融からも借金をしている場合に消費者金融だけ債務整理をすると、そのリスクがかなり高まります。

銀行のカードローンは消費者金融と同じ保証会社になっていることもあり、保証会社には審査をする役割もあります。

そのため、消費者金融だけ債務整理をしても銀行口座凍結につながる可能性があるのです。

口座凍結のリスクや期間

銀行口座が凍結されてしまうリスクや期間についても見ていきましょう。

口座が凍結されるリスク

口座が凍結されてしまうと、入金以外の取引が全てできなくなります。給与の振込や公共料金の自動引き落としなどで利用している場合は、きちんと対策を考えなければいけません。もちろん、ATMでキャッシュカードを利用することも不可能になります。

中には凍結後の入金で借金を相殺しようと考える人もいますが、それは違法行為になるのでやらないようにしましょう。

借金の相殺は凍結された時点の預金残高から行われるため、凍結後の入金分で相殺することは禁じられています。つまり、凍結後の口座に新たな入金が発生しないように対策が必要です。

口座凍結はおよそ3ヶ月

口座凍結は、3ヶ月程度であるケースが多いです。口座が凍結されるタイミングは、弁護士や司法書士が受任通知を送ったタイミングです。

受任通知というのは、債務整理を行うことを知らせるための書類なので、その書類を送らなければ凍結されることはありません。

そして口座凍結が終わるのは、保証会社が銀行に対して代位弁済を完了したタイミングになります。

しかし、銀行によっては強制解約をされてしまう可能性もあります。契約内容で、返済が不可能になって保証会社に借金が映されたタイミングで銀行口座を強制解約するといった文言が書かれている場合は要注意です。

口座凍結対策はある?

口座凍結自体を回避することはできませんが、日々の生活に対する影響を抑えることはできます。

では、どのような対策をとるべきなのか見ていきしょう。

預金を全て引き出す

債務整理の対象になっている銀行口座から預金を全て引き出します。銀行に受任通知が届いてしまうと引き出すことができなくなってしまうので、早い段階で引き出すことをおすすめします。

預貯金を手元に現金で置いておくか、凍結される心配がない口座に移しておいてください。

給料の振込先を変更しておく

凍結されると、振り込まれた給料を引き出せなくなってしまう可能性があるためです。勤務先には振込先の変更を依頼しておいてください。

引き落としの支払い口座を変更しておく

口座が凍結されてしまうと、決済もできなくなります。

家賃や公共料金などの引き落としが債務整理の対象になっている場合は、他の口座に変更したり、振込用紙を利用した支払いに変更したりしておきましょう。

まとめ

債務整理をした場合、その対象となる銀行口座が凍結されてしまいます。凍結されてしまうと入金以外の取引ができなくなってしまうため、凍結される前にきちんと対策を取る必要があります。

口座凍結を回避することはできませんが、凍結された際の影響を少しでも減らせるような対策は講じておくべきでしょう。

不安がある方は、専門的な知識を持つ弁護士に相談してみてください。

相談無料 取立てストップ/借金問題は弁護士の力で解決・減額できます!/お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら