自己破産をすると車は没収されてしまう?車がないと仕事に行けない!

自己破産をすると家や車、手元にある財産はすべて没収されてしまうというイメージの方も多くいらっしゃると思います。

実際に20万円以上の価値があるものについては処分しなければならないのですが(なお、生活必需品ではない在庫物資や有価証券は20万円以下の価値であっても処分する必要がある場合があります)、生活にどうしても車が必要な方は、車がなくなってしまうと困りますよね。

車も処分しなくてはならないのでしょうか?没収されてしまうのでしょうか?
それは、車をローンで購入しているか、車の価値がどのくらいかによって異なります。

車のローンはまだ残っているけど、手元に車を残せないか?

まずは、車をローンで購入していて、ローンがまだ残っている場合です。

車は高額ですので、ローンを組んで購入される方が多いです。

ローン残高がまだ残っている場合には、ローン会社などに所有権が留保されている(完済するまで所有権をローン会社から移転させない)ことがほとんどですので、残念ながら車は引き揚げられてしまいます。手元に車を残すことは難しいでしょう。

車のローンを完済していれば、車は没収されない?

次に、車のローンを完済している場合です。ローンを完済していれば車は手元に残せるのでしょうか? 車のローンを完済している場合に車が処分されるかどうかは、車の価値によって異なります。

車の時価(その時の市場価格)が20万円未満であれば、車を手元に残すことができます。

車の時価が20万円以上の場合には、原則として車は処分されてしまいます。

実際に裁判所に自己破産の申し立てをするときには、車の時価がどのくらいか複数社から査定してもらった資料などを添付します。ご自身の車の時価が気になる方は、インターネットの簡易査定などを参考にしてみてもよいかもしれません。

どうしても車がないと生活や仕事ができない場合はどうなる?

どうしても生活していく上で車が必要で手放すことはできない場合はどうなるのでしょうか?

その場合には裁判所にどうしても車が必要であることを説明し、裁判所に認められれば車は処分せず手元に残すことが可能です。

ただし、裁判所も簡単に認めてくれるわけではありませんし、先述のとおり車のローンが残っている場合にはローン会社に引き揚げられてしまいます。

その他、第三者に車を買い取ってもらうなどしてその車を借りることで使い続けることも可能ではありますが、ご自身で判断されることは大変危険です。その後の自己破産手続きに大きな影響を与えることがあります。

また、車をどうしても残したいからと、車のローンだけ返済してしまったり、車の名義を変えてしまうことも、その後の自己破産手続きに大きな影響を与え、結局は車を処分しなければならなくなったり、自己破産ができなくなる(免責が得られない)場合もありますので、早めに弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

結局、車を手放さなくていいのはどのケースか?

結局どういうケースなら車は没収されることなく手元に残せるのでしょうか?

  1. 車のローンを完済している
  2. 車の価値が20万円未満

のどちらの条件も満たしていれば車を処分する必要はないでしょう。

相談無料 取立てストップ/借金問題は弁護士の力で解決・減額できます!/お困りの方は今すぐご連絡ください。

0120-949-229
メール相談フォームはこちら